Skip to content →

転職前に早めに会社を退職し、資格の取得に励むことは意味がある?

40代で転職を有利に進めるためには資格の取得が必要であると感じる人がいます。確かにある種の仕事は資格がなければ行えません。そのため資格を取得していれば転職の幅が広がるのは事実です。しかし資格取得にはお金と時間が必要です。ある人は前職を早めに退職し、資格取得に努めてから転職先を探すという行動にでるかもしれません。しかしこのような状況が必ずしも40代での転職を有利に進めるわけではありません。

先にも述べたように、資格がなければ行うことができないような仕事に就く場合は資格の取得は必須です。しかし取得した資格が活かせるかどうかわからないような企業への40代転職を考えている場合、それが無駄になってしまうこともあります。最近の企業はどのような資格を有しているかということよりも、経験やスキル、そして実績を重要視します。そのため資格取得に多くの時間やお金を費やすよりも、今働いている職場でベストを尽くし、経験や実績を積むほうが転職に有利なことがあります。

ここで重要なのが下調べです。まず自分が40代転職を考えている企業の情報、そしてどのような人材が求められているのかをしっかりと把握します。将来的に資格が必要となるような仕事を任せられる可能性があるなら、資格を取得していたほうが40代転職に有利です。しかし資格がなくても行える仕事を任されるのであれば、あえて資格取得に時間を費やす必要はありません。このようなものは40代転職の面接の際にアピールポイントとはならないことも多いからです。

Published in 40代転職資格SPECIAL