Skip to content →

介護の資格は持っていて損は無い、40代でも転職できる魅力


30代後半で介護の仕事につき、一番初めは特別養護老人ホームで働きました。ここでは夜勤もありシフトが不規則なため40代手前の体にはかなり負担がありました。また、大きな法人だったため大学卒業してこの仕事に就く方も多かったため、ヘルパー2級しか資格がなかった私はスキルアップしていっても年齢的にもこのまま現場でずっと働いていくしかないのでは…と思い、2年働き40代で転職をしました。転職先は大きな組織の施設ではなく、民間の個人経営の会社の訪問介護でした。日中の仕事だけだったので初めは施設の給料より低かったのですが、3か月くらいで責任者になりました。

するとすぐに給料もアップし、夜勤もしていた施設より多くなりました。スキルアップを目指していたので責任者になり1年弱位で介護福祉士の資格を取得し給料も資格手当がつきあがりました。介護福祉士の資格をとったあとは色々と悩みましたがケアマネージャーの資格を取得し、現在は同じ会社の中の居宅介護支援事業所で働いています。訪問介護のサービス提供責任者をしていた時より少しですが給料がアップしました。40歳を過ぎてからの40代転職はかなり就職先も減ってしまい悩みましたが、介護の仕事の現場の仕事は若い頃は良くても40歳を超えてくるとかなり体がきつくなってきます。特に夜勤は家庭があるとよけいにしんどいです。その為年齢がある程度まで来たら現場を離れたほうがいいと思い、思い切って40代転職をして良かったと思っています。介護の場合スキルアップしていける仕事ですが、資格社会なので資格を取った方が40代転職には有利だと思います。

Published in 40代転職資格SPECIAL