Skip to content →

カテゴリー: 40代転職資格SPECIAL

介護の資格は持っていて損は無い、40代でも転職できる魅力


30代後半で介護の仕事につき、一番初めは特別養護老人ホームで働きました。ここでは夜勤もありシフトが不規則なため40代手前の体にはかなり負担がありました。また、大きな法人だったため大学卒業してこの仕事に就く方も多かったため、ヘルパー2級しか資格がなかった私はスキルアップしていっても年齢的にもこのまま現場でずっと働いていくしかないのでは…と思い、2年働き40代で転職をしました。転職先は大きな組織の施設ではなく、民間の個人経営の会社の訪問介護でした。日中の仕事だけだったので初めは施設の給料より低かったのですが、3か月くらいで責任者になりました。

するとすぐに給料もアップし、夜勤もしていた施設より多くなりました。スキルアップを目指していたので責任者になり1年弱位で介護福祉士の資格を取得し給料も資格手当がつきあがりました。介護福祉士の資格をとったあとは色々と悩みましたがケアマネージャーの資格を取得し、現在は同じ会社の中の居宅介護支援事業所で働いています。訪問介護のサービス提供責任者をしていた時より少しですが給料がアップしました。40歳を過ぎてからの40代転職はかなり就職先も減ってしまい悩みましたが、介護の仕事の現場の仕事は若い頃は良くても40歳を超えてくるとかなり体がきつくなってきます。特に夜勤は家庭があるとよけいにしんどいです。その為年齢がある程度まで来たら現場を離れたほうがいいと思い、思い切って40代転職をして良かったと思っています。介護の場合スキルアップしていける仕事ですが、資格社会なので資格を取った方が40代転職には有利だと思います。

Comments closed

国家資格の理容師への転職、40代からでも可能

美容師から理容師です。

必要資格が違うので新たに38歳頃から理容師の資格を通信教育で取りに行きました。

美容師と言う社会保障や雇用条件の整っていない、社会からすれば不毛地帯の様な場所で28年間すごしましたが、朝早くから夜遅くまで立ちっぱなしで中には食事の取れない日もざらにあります。そんな生活をしていて、いつまで働けるのだろうと不安になり40代転職を考えましたが、自分には美容しか武器が無いため独立を目指し、仕事の範囲を広げるためにまずは理容師をしようと思いました。

上記にあるように38歳から通信教育にて理容師の資格を目指しました、日頃はサロンに努めながら帰ってきては教材とのにらめっこでした。3年の月日が必要でこの歳にしてハードな3年でした。40代転職はハードになる、思えておいてください。

長年美容に携わっていた為、知り合いのコネや、資格者所有者の為求人情報はあちこちにありましたのでそこまで困りませんでした。

美容専用の求人サイトがあるくらいですから。あとは雇用条件や社会保障などをしっかりと見て応募しました。面接の時には清潔感、かつ程よく若く見えるようなオシャレを意識しました。(参考:40代転職サイト

仕事内容によっては60歳定年まで働けるものではないですよね。日本の社会の行き届かないところでしょうか、結婚して子供ができて、40歳で旬をすぎてもう働けない。そんな事実社会は変えてくれません。せめて自分のしたい仕事で稼ぎたいと思います。そうしたら私は遅かったのですが独立や開業を目指して準備をすることは大切になると思います。

その準備のための40代転職であり、いつか自分の身が思うように動かなくなることを想定し、それでも安定した収入を得るための40代転職になります。

Comments closed

40代転職には資格があれば有利だというけれど、努力も必要

毎年、年賀状でしか挨拶をしていない元同期がいます。田舎が近いのですが、中々会えなくて数年に1回、電話ができる程度です。それでも年賀状では、元気な雰囲気の家族写真で写っている姿は、とても微笑ましいのてす。彼が私と同じ会社にいた頃は経理にいました。しかし、あまりの激務と精神的なプレッシャーから、しばらく入院をしていたのです。しかし、それから3年後に退職して実家に戻っていったのです。

すでに結婚もしており、生活はどうなるかと心配していたのですが、今では40代で転職して頑張っています。転職先は公立の専門学校の教師でした。サラリーマンから教師への転職には驚きでしたが、大学の時に教職の免許を持っていたことから、このような40代転職が果たせたのです。電話をして近況を聞いてみると、「資格を取っていたから、40代で転職できたものだけど、勤務し始めた頃は、大変だったよ。」資格を持っていても、現場ではその資格を活かせるために経験やノウハウを積んで行くことが大事で、かなり努力をしたとのことです。

「今は資格を持ってると、40代でも就職や転職が有利って言われるけど、その資格を活かした現場経験がもっと必要だよ。」とても現実的な感想だったと思います。現在、勤めている会社でも資格取得を奨励されているのですが、40代転職を視野に入れている人であれば、現職のうちに資格を使いながら、現場で実践的な仕事も従事することで、経験を積んでいくことが、大事だと痛感した次第です。

Comments closed

転職前に早めに会社を退職し、資格の取得に励むことは意味がある?

40代で転職を有利に進めるためには資格の取得が必要であると感じる人がいます。確かにある種の仕事は資格がなければ行えません。そのため資格を取得していれば転職の幅が広がるのは事実です。しかし資格取得にはお金と時間が必要です。ある人は前職を早めに退職し、資格取得に努めてから転職先を探すという行動にでるかもしれません。しかしこのような状況が必ずしも40代での転職を有利に進めるわけではありません。

先にも述べたように、資格がなければ行うことができないような仕事に就く場合は資格の取得は必須です。しかし取得した資格が活かせるかどうかわからないような企業への40代転職を考えている場合、それが無駄になってしまうこともあります。最近の企業はどのような資格を有しているかということよりも、経験やスキル、そして実績を重要視します。そのため資格取得に多くの時間やお金を費やすよりも、今働いている職場でベストを尽くし、経験や実績を積むほうが転職に有利なことがあります。

ここで重要なのが下調べです。まず自分が40代転職を考えている企業の情報、そしてどのような人材が求められているのかをしっかりと把握します。将来的に資格が必要となるような仕事を任せられる可能性があるなら、資格を取得していたほうが40代転職に有利です。しかし資格がなくても行える仕事を任されるのであれば、あえて資格取得に時間を費やす必要はありません。このようなものは40代転職の面接の際にアピールポイントとはならないことも多いからです。

Comments closed

中企業に40代転職するなら?新卒とは異なる転職に適した時期とは!

中小企業へと40代転職を考える理由は、とにかく今の職場をやめたい、大きな企業には肌が合わなかったなど、いろいろなものがあるかと思います。

中小企業への40代転職の場合には、新卒の時や大企業へと就職したときと比べて、一つ明確に異なることがありますので、転職前にしっかりと確認しておきましょう!

中小企業への40代転職を始めた時にまず気になるのは、給与待遇や福利厚生などかも知れません。しかし、一番最初に確認するのは転職を考えている企業の待遇ではなく、自分が転職しようとしている時期を確認しなければいけません。特に、今の職場が嫌で仕方ないという人は思い立ったらすぐに辞表を出したくなるかもしれませんが、いったん待ってください。

新卒や大企業への就職は4月からの、就職が多くなりますが、中小企業への40代転職は7月を過ぎたころから10月あたりまでがピークになります。これは、転職の場合は企業はある程度の即戦力を期待していますが、それでも社内の文化の違いや、業務への方針の違いなどで一定の教育機関が必要となります。

そして、2月から5月にかけては新入社員の教育が始まるため、余力がなくなってしまいます。そのため中小企業では、余力のある時期に中途入社を募集することが多くなるのです。

このような業務に余裕を持たせて採用をかけている企業であれば、入社してからもちゃんとした新人教育を受けることが出来ますし、計画性のない業務で忙殺される可能性も軽減できます。

逆に、無計画な急募即採用のようなプランで採用をかけている企業は、頻繁に修羅場が起きるブラック企業の可能性もあるので、注意する必要があります。

40代転職を考えるのであれば、余裕をもって4月くらいから転職活動を初めて、10月ごろに転職をするような計画を立てて行動していきましょう!

Comments closed

40代転職はリスクがあると言われているけど得られるメリットが意外と多い

40代で転職をすると退職金、企業年金、福利厚生んどが不利になる他に社会的信用が低下するというリスクもあるのでデメリットになってしまうと考える人も多いです。しかし転職はデメリットだけではなくメリットもそれなりにあるのでしない方がいいとは言い切れません。そこで40代d転職した時に得られるメリットを見ていく事にしましょう。

40代転職する時の理由の一つとして給料など待遇面での不満がありますが、転職をして新しい会社で働くようになると給料が上がったり残業時間が減って自分の時間が増えたりする事もあります。そのため日常生活が充実するというメリットがあります。

40代で転職する時の理由の一つとして人間関係が悪いというのがあり常に気を遣ってしまうので仕事が思うように進みません。そのためストレスを溜め過ぎてしまって体調を崩してしまう事も多くなってしまいますが、40代転職をすれば環境がすべて変わるので人間関係も良好になる事もあります。そのため自分の思うように仕事を進める事が出来るようになストレスを溜めてしまう事がなくなるというメリットがあります。

40代転職をすると今までとは違う仕事をする事になるので慣れるまでは時間がかかってしまう事もありますが、新しい発見も多いので自分をさらに成長させる事が出来ます。そのため仕事に対するモチベーションも高くなるので新しい事にも挑戦する機会も増えてきます。

40代転職はこのようにメリットも多いので新しい可能性を感じたら検討してみるのもいいでしょう。

Comments closed

希望する会社に40代転職するための方法を紹介します

私は40代で転職をする際に働きたい会社があったため、求人を探したりせずにそのまま会社に連絡をしたことがありました。求人を通さないで転職先を探すなんて考えられないような発想かもしれませんが、本当に働きたい場所だったため直接連絡をすることにしました。

希望する会社に連絡をした時、人事部に変わりますと言われ5分弱待った後所有してる資格や経験等を聞かれました。そして後日面接に来るようにと言われました。ちょうど人員不足で募集をかけようと思っていたそうでタイミングがよかったなと感じました。

数日後、履歴書を持って面接に行きました。面接を受けた後、その日に採用が決まりました。今思うと採用されたのは資格が必要な仕事だったためなのかなと感じました。

後から知ったのですがこの会社は求人を出さないで社員は親戚や知り合いなどを採用しているそうです。もし今回私が求人の問い合わせをすることがなかったらこの会社で働くことはなかっただろうと思います。そう思うと直接求人の問い合わせをしてよかったと思いました。

会社の人事については自分で調べるだけではなかなか分かりません。今回のように求人を出さないで知り合いや親族しか採用をしていない企業もあります。

気になる会社がある場合、そこの求人を探すことも大切ですが直接会社に連絡をして求人の有無を聞いてみるだけでも違います。もしかしたら求人を出す前で何もしていないかもしれません。会社の求人票は問い合わせで求人を出してると言われてから見ても遅くないと思います。

後悔しない40代転職をするためには、自分から希望する会社に連絡をして確認することも大切だと思います。

Comments closed